未完成だった般若心経

〜 目 次 〜
【要約】
はじめに
序 章
第一章  般若心経の編纂と目的
第二章  導入部と主旨説明
第三章  再定義によって新しい生命観を説く
第四章  「《生命活動》の環境」及び「基本三特質」
第五章  再定義とフラクタル構造
挿入章
第六章  因縁と苦からの開放
第七章  般若波羅密多によって覚醒する
第八章  般若波羅密多の力
第九章  彼岸に渡る そして未完成を知る
完成の章 現代社会への対応


著者は既に「暗号は解読された 般若心経」、及び「同名の改訂版」を執筆していて、本書は「般若心経シリーズ」の最新作『第三弾』になります。著者はその後も般若心経に係わり続け、さらに解読を深め、いくつかの新たに重要な進展が有り、また一部の修正が必要な箇所もあって、ここで一度纏めてキッチリ整理したものを集大成として、再び世に出したいと思っての今回の出版となりました。
本書において仏教用語は、般若心経に出てくる以外は極力遣わないようにして、仏教以外の方とも世界観を共有できるように心がけました。そのために宇宙を如何に単純化して表現するか、ということにも工夫をし、現代が潜在的に求めている宇宙の真理を体系的に網羅しました。
本書において、語句の定義が前著とは微妙に異なっているところが幾つか有るので、ここは本書の定義で読み進んでください。この書が現代へのメッセージとして読者の方々の人生の根幹に働きかける内容であることを祈念して世に送ります。
販売価格
2,300円(内税)
購入数